銀行系のキャッシングローンの限度額を上げる方法

キャッシング増額審査 銀行系カードローン

消費者金融系のキャッシングローンの限度額というのは、年収の1/3以下までしか貸し出せないという貸金業法の総量規制によって自ずと決められてしまいます。

それに対し、属性や信用登録情報など複合的に判断されて限度額が設定されるのが、銀行系のキャッシングローンになります。


その銀行系のキャッシングローンも、一頃よりも限度額を一気に最大限のものすることを、控えるようになってきていると思います。

以前であれば、一気に300万円としたところを、先ずは200万円とするような感じです。

いくら総量規制の対象外といえ、貸し倒れは金融機関としては避けたいのは確かですから、「様子が見たい」という固い選択になるのは止むを得ないところと理解します。


限度額200万円であれば、年収600万円前後の方にとっては、消費者金融系も銀行系も同じようになってしまいます。

金融機関によっては、消費者金融系の方が低金利の場合も少なくありません。しかし、限度額を更に大きく出来るのは銀行系のキャッシングローン。


申込みから審査を経て、契約をしておいただけでは、限度額が勝手に大きくなることはありません。

必ずこちらから増額申請をする必要があります。

しかし、借入・返済の実績がなければ、信用度が上がることはありません。何らかの利用実績が必要になります。日頃はメインにしている消費者金融系のキャッシングローンを利用し続けながら、時折銀行系のキャッシングローンを少額利用してみる。

翌月には、僅かな利息を付けて返済するなどの、一見無駄と思えるようなことを少しづつ繰り返すことで、健全な借入と返済の実績を作るのです。その上で、半年・1年先に銀行系のキャッシングローンへ増額申請してみるのが良いと思います。


限度額は何もしなければ変わりません。属性のスコアリングが一気に上がることも難しいと思います。

同様の属性で、金融機関からの信用度を上げるには、同金融機関との借入・返済の実績を上げていくしか方法はないと思います。

 

ページの先頭へ

変態の出会い