キャッシングは嫌いだったけれど、利用してみたら便利だった

キャッシング体験談 キャッシング審査

キャッシング含め、借金というものが嫌いでした。


嫌いというより「怖い」という部分もあるかもしれません。


私は、本来人間は自分の収入の範囲内で生活すること、が健全だと思っています。

それをキャッシングをすることによって、見た目の収入が増えてしまい、それに合わせて生活するようになると、キャッシングや借金を前提にした生活になってしまい、いずれは破たんしてしまう、という恐怖です。


また、利息を払うのもの、キャッシング業者としてはそれが利益なので当たりませですが、やはり無駄な出費のような気がします。
そういう私が、キャッシングを利用することになってしまいました。


日曜日に友人の結婚式に招待されていたことをすっかり忘れていて、それがまた給料日直前だったので、銀行口座意に余裕がなく、どうしようかと悩んだ末に、クレジットカードのキャッシングを頼りことになったのです。

審査があるかと思いましたが、ATMで普通の銀行の預金を引き出すのと同じ手続きて借りることができました。おそらく、審査はないのではなく、それまでカードの引き落としで引っかかったことがないので、審査を簡単にパスしたのだと思います。借りたのは、10万円です。


それで無事に結婚式を乗り切り、月曜日に給料が振り込まれたので、急いでキャッシングしたお金を返しました。利息は150円ほどで、これなら、土日に銀行の預金をATMで引き出す手数料より安いじゃないかと、と気づきました。また返せる予定がしっかり立っているなら、キャッシングしても怖くはないということも気づきました。


これからは、どんどんキャッシングを利用することは無いと思いますが、状況に応じてうまく利用していこうと思います。

 

ページの先頭へ

変態の出会い